IT導入支援業者

おかげ様で2021年も、IT導入補助金対象事業者に採択されました。

弊社は、2004年に香港法人 ITS System Service (HK) Co., Ltd. を設立し、これまでのべ200社の日系企業に対し、自社開発のERPを中心に、工場の生産管理システムや、インフラ構築など、さまざまなITサポートを提供してまいりました。

一般的に日本でERP等、基幹システムを導入した場合、1億円以上の導入費用が掛かると言われています。

しかし、今はそんな時代ではありません!
弊社は、敷居の低い価格で大手にはできない小回りの利いたサポートをお約束します。

多言語対応クラウド型WEB ERP 『Cladia』

Cladiaは、日本語・英語・中国語・韓国語・ベトナム語を標準搭載。
その他、世界32ヶ国語に対応可能なマルチ言語、マルチ通貨対応の総合業務管理システムです。
一般的なオフィスで使われるOAシステムの一部と、ERPの主要モジュールを統合し、オフィスや工場の必要データを、これ一本で管理できるようになりました。

更に、複数事業所にも対応しているので、日本本社・大阪支社・上海工場・ベトナム工場など、複数事業所での情報共有も可!
まさにグローバル対応のシステムです。≪詳しくはこちら≫

ブラウザ対応なので、システムのインストール不要!
タブレットやスマホからも操作可能です。

システムの購入は不要!
初期導入費用 300,000円~(サーバーレンタル費は別途)
月々の利用料 50,000円~
で、ご利用頂けます。

※ Cladia は、IT導入補助金2021 申請対象ITツールです。

プロモーションビデオは、こちら からご覧になれます。

日・英・中 三ヶ国語対応ERP 『C3 Enterprise』

当社独自開発のERPシステム 「C3 Enterprise」が、多くの機能を盛り込み「Ver.2.0」にグレードアップ。
日・英・中の三ヶ国語対応(ベトナム語も準備中)を始め、多通貨対応など、グローバルな導入に最適。
CS型ERPにも関わらず、データベースをクラウドサーバーに保存可能。

更にローカル化する中国の日系企業様や、中国メーカー様にも違和感無いよう、メニューなども、日本語を翻訳した言葉ではなく、中国人が慣れ親しんでる言葉を採用。中国企業でも違和感なく入り込めます。

もちろん、日本の企業でもお使いいただいております。

詳しくは≪こちら≫から

沖縄インバウンド支援

ここ沖縄ではまだまだ韓国人、台湾人、香港人の観光客が主流で、中国人は少ないと思われている方もいらっしゃると思いますが決してそんなことはありません。

この先は間違いなく中国人が沖縄への観光客の主流となるでしょう!

そろそろ、あなたのお店も、中国人が入り易いお店にしていきませんか!?
私たちにお気軽にご相談ください!

私たちは沖縄でITを活用した外国人観光客の集客をお手伝いしています。

詳しくは≪こちら≫から!